気まぐれ日和の毎日
衣兎の日常的な日記です。毎日の出来事を書いています。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


続き&題名決まった

小説の題名がきまりました!いぇーい!
その題名とはですね、マスコットtwinsです。
何か、異議のある方は早めにおっしゃってください!笑

そして、続きです。
何か……晩御飯の話の件が長い(ような気がする)ですがお付き合いくださいませ。
ではでは、続きです。

※月影さんのコメ返しは前の記事にしてあります。


第二話 妹VS幼馴染

結局、どういうことか妹まで腕を組んできやがった。
何故だ? 何故、こうなる。歩きにくいことこの上ないのだが、妹&弓奈にそれを言ったら「え? 何?」と物凄い形相で睨まれたので為すすべなくこうして歩いているわけだ。

まぁ、そんなこんなで家に着いたわけだが……
「おい、何でお前まで家入ってくるんだ?」
そう、普通に弓奈がしれっと家に入ってきたのだ。
「まぁまぁ、気にしないの♪」
はぁ……まぁ、いっか、と思いきや
「すいません、私は気にするのでお引取り願いますかね?」
理央が、つっかかってきた。
おい、何故お前たちは仲良くできないのだ!
「へー、そうなんだぁ。でも、私は矢荏螺に構ってるから弓奈ちゃんにあーだこーだ言われる筋合いはないんだよ」
「でも、ここは私の家でもありますので追い出す権利はあると思うんですよ?」
「おい、追い出すまでしなくてもいいんじゃないか?」
「お兄ちゃんは黙ってようねぇ……?」
「はい……」
兄の威厳皆無であった。

「ふーん、でも、矢荏螺がいいって言ってるんだから私は弓奈ちゃんの言うことじゃなくて矢荏螺の言うことを聞くことにするんだ」
「まぁ、いいですよ?そこまで言うならしょうがないですね。でも、幼馴染よりは妹の方がポイントは高いので早々と諦めることをオススメしますよ?」
「あははー、理央ちゃんは冗談が面白いねぇ。今時ブラコンなんて気持ち悪いだけだよー?」

途中から小さい声で呟きあってるので何て言ってるか分からないが……そろそろ、本気で仲良くならないかな、あいつら。

「あ、ところで、理央?」
「何、お兄ちゃん」
「今日の晩御飯、何がいい?」

晩御飯は俺の仕事だ。
朝ごはんは、理央の仕事であるのでそうやって分けている。
両親は、それぞれ、お互い単身赴任中だ。
だから、家事は俺と妹でやらなくてはいけない。

「ついでに、弓奈も食ってくか?」
おい、理央? 何だその余計なこと言いやがってって顔は。

「いいの?」
「いいも何もどうせお前それが目的で家来たんだろ?」
「ん、ありがと♪」
「因みにお前も何か食いたいものあるか?」
どうせ、作るのなら喜ばれるのを作りたい。

『じゃぁねぇ……肉じゃが(ハンバーグ)がいいな!』
肉じゃがが理央でハンバーグが弓奈だ。
そして、こいつらはまたお互いに血管をぴくぴくさせてやがる……。
ホントに仲良くできんのかこいつらは。

「ねぇ、弓奈さん? ここは家の人の意見を尊重するべきだと私は思うんだ」
「へー、それはそれは価値観の相違だね。私は滅多に矢荏螺のご飯を食べれない私を尊重するべきだと思うんだけど?」
「図々しい考え方ですねぇ……?」
「あーら、矢荏螺が何がいいって聞いてきたんだから提案しても何も問題ないはずよ?」

怖い、怖すぎる。
某雛○沢の人たちと何ら遜色もないぐらい怖いんですけど……。

「じゃぁ、お兄ちゃんにどっちがいいか聞いてみることにしまようよ?」
「それは、いいわね」
そこで、俺に意見を求めるような結末に至らないでいただきたいのだけれど……そうはいかないんだろうなぁ……。

「じゃぁ、お兄ちゃんどっちを作ってくれるの?」
もうどっちでもいいんだけどなぁ……。

「両方作ってやるよ、それでお互い納得だろ?」
「……」
「……」

ん? 何だこの間は。
そして、こいつら何か言いいたそうだな。

「どうした、二人とも?」
『お兄ちゃん(矢荏螺)の優柔不断!』

…………俺にどうしろと……?

スポンサーサイト

弄られキャラ

今晩は。

はてさて、先日は申し訳ありませんでした。
何か、もう色々と。

話、変わりまして。

自分、昔からテニスに行くと弄られます。
そりゃぁ、もうテニスとツッコミどっちで疲れてるのか分からないぐらい弄られてます。
つっこんでます。
2回ぐらいかな……? コーチが変わってるのですが、どのコーチからも弄られ対象となっております。
そして、その間にできたあだ名が「ウルフ(日本狼)」「マイケルジャクソン」「宇宙人」
あの人たちは自分を何のキャラにしたいんですかね?

まぁ、そういうところも楽しいから通ってるってとこもあるんですけど……苦笑
でも、あれですよね?
色々とそういうこと言われる=構ってもらえてるってことになるので幸せなんですよね、きっと。
構ってもらえなくなっては寂しいだけですから。

それに、そういうこと言われても、悪意はないって分かってるのでつっこんだりできるわけで上下関係はあるけども、冗談を言える相手ってことで。
真剣な話のときはちゃんとそのモードとかにも入ってくれますし。

うん、ホントにあれだね。
一期一会は大切だね……なんて柄にもないことを言ってみます。

あ、一期一会で思うんですけど、よく女子中学生や女子高校生が自己紹介とかで「一番好きな言葉は一期一会です」なんて言うことを言うじゃないですか?
あれ、何か妙にムカつくんですよね。
その言葉の意味ちゃんと知ってるの? ホントに大切な人に出会えてるの? そんなことを聞いてみたくなってしまいます。
そして、これは完全に偏見になっちゃうような気がするのですが、そういう女子とかって語彙力やボキャブラリーが全然ない人っちだと思っちゃうんですよ。

むぅぅ……心が狭くなってしまった……。
そして、文章がめちゃくちゃグダグダになってしまった……。
まぁ、いいや。

追記にてコメ返しです。
...read more

自分を見つめる

※不快感を与える可能性大だと思いますので、どんなことでも引かないという方だけ覗いてってください。
そうでない方は前の記事へ、れっごー。



自分のことが大嫌いです。平気で嘘をつきます。余裕で嘘をつきます。面倒臭がりやです。人をそう簡単に信用できません。見栄っ張りです。強がりです。弱虫です。泣き虫です。根性無しです。度胸が無いです。一人ぼっちが好きです。大勢は嫌いです。暗い所が大好きです。口癖が「死ねばいいのに」です。毎日必ず10回以上は溜息つきます。他の口癖は「だるい」「めんどい」「眠い」「疲れた」です。死ねるのなら死にたいです。生きてる意味が分かりません。存在理由が分かりません。卑屈です。ネガティブです。人の為に泣けません。自分の保身ばかり考えています。偽善者です。死ねばいいのに死ねばいいのに死ねばいいのに。自分に向けていつも言ってることです。バカじゃないのバカじゃないのバカじゃないの。自分に向けていつも言ってることです。甘えん坊です。飽きっぽい性格です。辛抱強くありません。我慢強くありません。若干人間不信かもしれません。親不孝者です。思春期です。投げやりな性格です。冷たいです。人に流されて生きてきました。将来の夢はありません。希望もありません。自己嫌悪が激しいです。自分が一番可愛いです。誰かに構って欲しいのかもしれません。情緒不安定かもしれません。いつも現実逃避しています。現実逃避しかしていないかもしれません。普通の定義が分かりません。人生が何なのか分かりません。自分が何か分かりません。何もかもが分からなくて何もかもが分かっているのかもしれません。脱線しました。脱線しました。テニスが大好きです。ラノベやアニメが大好きです。でも自分は大嫌いです。さっき言いました。同情で人助けをします。最悪です。死ねばいいのに。死ねばいいのに。死ねばいいのに。これが自分です。最悪です。最低です。醜いです。死ねばいいのに。死ねばいいのに。死ねばいいのに。そろそろオチます。さようなら、また明日。

変……なのかなぁ……?

今晩は。

はてさて、自分真っ暗闇の中にいるのが大好きです!
もう、自分の部屋にいるときはほとんど真っ暗にしてるし……本とか読みたいときなどはスタンドライトだけ付けます。

あとは、夜中なのにトイレ入るときも電気付けないし、挙げ句の果てにはお風呂入るときも毎日電気つけてません!

…………。
……………………。

あ、あの、別に心が荒んでるとか……根暗なわけじゃないんですよ?

至って元気などこにでもいる高校生ですからね……? 多分……。

まぁ、これを友達に言ったら若干引かれました。
何故でしょう……?
べ、別におかしくないですよね……? あ、あれ? もしかして自分だけ……? そう思ってるの……。

で、でも誰にでも落ち着ける空間とかあるじゃないですか? ありますよね?
自分の場合はそれが真っ暗闇な空間っていうだけの話であり、変ではないとは思いますけど、どうなんでしょうかね?

まぁ、暗所恐怖症の方などにとってみればおかしな話にはなるんでしょうけどねぇ……苦笑

因みに、皆様の落ち着ける場所というのはどこなんでしょうか?
落ち着ける場所あるいは空間が=心にゆとりを持てると一応自分は考えてるので皆様も探してみては?

ではでは、追記にてコメ返しです。
...read more

書けたよー

今晩は。

何と何と、昨日の今日なのですが続きが書けました。
と思いきや、この記事認識されてないっ!?
いや、もしかしたら気付かれないかもとは思いましたが……まさか……!
あ、でも気付いた方もいらっしゃったかも。
えっと……自分は小説とか書きはじめたばかりなので感想などをいただけるとそっかぁとかってなるのでもしよろしればくれると嬉しいです。
一応また最新記事にしときますんでよろしくです。

あと、内容なんですが……戦闘描写って難しいですね……そこら辺が上手く書けたか分かりません……。
あと、やはり……戦闘描写が短いのは、ご勘弁を……。
もっと、精進しなければですね……。
ではでは、続きをどうぞー!


「はい、では、今日は銃の武器の模擬試合授業を始めます」
あれから、十分程経ちいま俺たちは模擬戦闘用の試合場にいる。
そして、先程先生が言った通り今日は俺は銃の模擬戦闘用クラスでの授業を受けている。

銃と言っても様々なものがある。
俺の二丁拳銃や、ライフル。ショットガンに大型拳銃もある。
まぁ、今日は俺と弓奈が戦うということで弓奈の相棒も銃の具現化ができる。
こいつの銃は大型拳銃だ。

「では、矢荏螺くん、弓奈さん前に出て始めてください」

「行っくよー、矢荏螺! 私とミーちゃんの力をみせてやるぅ!」
「おう! 俺も全力で行くぜ!」

まぁ、分かってくれていると思うがミーちゃんというのは弓奈の相棒だ。
で、アイツの相棒はこれまたお似合いな感じで猫だ。
うん、凄いよな……猫同士のペアなんて。
「あー、いま矢荏螺何かちょっと失礼なこと思ったでしょ!」
「ん? い、いや? 思ってないぞ、そんなこと?」
「嘘おっしゃい! もう、こてんぱんにしてやるんだから! ミーちゃんトランス!
大型拳銃」
「おし! ならこっちも。ラオトランス! 二丁拳銃」

そういうと、お互いの相棒が一瞬で変身した。

「準備はいいですね、では始めてください!」

「行くぜ、弓奈!」
俺は、二丁拳銃を後方に向け発射する。あまり、大きくはないのだが何発も撃ち走りながら加速する。
「そんなの、お見通しだよ、矢荏螺!」
弓奈は直進する俺に向けて撃ってくる。
しかし、それこそ俺もお見通しだ。右に急転換しながら弓奈に向けて撃つが……大型拳銃で弾き落とされた。
「ふっ! まだまだ甘いわね」
弓奈は壁に向けて銃を撃つ。
「くっ……跳弾か……!」
やりにくいな……くそっ! なら、こっちは距離をつめるまで! 俺はまた銃を後方に向け加速する。そこで、弓奈がまた俺に向けてきて撃ってきたが構わず直進する。
「矢荏螺、まさか自棄に?」
「そんなことあるわけないだろ、喰らうのは痛いしな。ただ、こうするだけだ」
言うや否や俺は弓奈が撃ってきた弾に向け撃ち弾を打ち落とす。
「中々、やるじゃない! だけど、跳弾の弾も忘れてない?」
「安心しろ、ちゃんと把握してある」
首を曲げる。その方向から弓奈の跳弾した弾が弓奈の方に向かっていく。
「にゃっ……にゃにぃ……!」
だが、弓奈は驚きながらも自分の弾を弾く。しかし、その瞬間俺は弓奈の手元に向け発砲する。それが見事に命中し弓奈の手から大型拳銃が弾け飛ぶ。
「チェックメイトだ、弓奈」
加速し、俺は二丁拳銃で弓奈の両わき腹にクロスに構えて強く打撃した。
「かはっ……!」
弓奈はへたり込み立てなくなってしまった。
そこで、弓奈の相棒の具現化能力が解ける。

こうして、俺と弓奈の試合が終わった。



一日の授業が終わり帰宅途中。
「あーぁ、今日も負けちゃった……」
「跳弾は自分でも把握しておかないと駄目だぞ?」
「わ、分かってるもんっ!」
俺と弓奈は隣同士なのでいっつも一緒に帰っている。そして、何故か分からんが手を組んできやがる……!
「おい、一つ聞いていいか……?」
「なぁにぃー?」
くっ……凄い可愛い笑顔しやがって……ってそうじゃないそうじゃない……。
「何で、お前は腕を組んでいるんだ……?」
「え? いいじゃん、別に♪」
いやいやいや、お前はいいかもしれないけど……周り見てみろよ……! そして、空気読もうな……? 俺に向けての視線半端ないからなっ……!

「お兄ちゃーん」
考え事していたら遠いほうから妹の声がしてきた。
俺の妹は二つ下の中学二年生だ。
名前は簗方理央(やながたりお)。

段々近づいてきた。
と、近づいて来るほど何か殺気じみたものを感じるのは気のせいだろうか……?
そして、こちらに追いついたのだが……
「お兄ちゃん……?」
「お、おう何だ……理央……?」
「どうして、弓奈さんと腕を組んでるのかな……?」
あの、え、笑顔が怖いですよ……理央さん……?

「あーら、別に理央ちゃんには関係ないんじゃないかな?」
あれ……? 何か弓奈さんも笑顔がこ、怖い……。
「いいえ、お兄ちゃんは私のお兄ちゃんなんですからものすごーく関係あるんですが?」
「そうなんだぁ……。でも、矢荏螺は私の幼馴染なんだから、腕を組んでてもいいと思うんだぁ」
「そうなんですかぁ……あははー」
「そうなのよ、うふふー」

あれ、火花が散ってる……? 何で、どうして……?
「あの、えっとお二人様……?」
『お兄ちゃん(矢荏螺)は黙ってて!』




さて、いかがでしたか?
今日はまた後で更新するのでその時にコメ返しをば。
ではでは、失礼します。

大人になるということ

今晩は。

はてさて、最近他人の何気ない言動などで大人になるっていうのはどういうことなんだろう?って考えることが多々あります。
ていうか、一体大人って何でしょう……?

いつも、冷静沈着で落ち着きはらっているのが大人?
他人とのテンションに合わせて臨機応変に対応するのが大人?
自分の意見をしっかり持っているのが大人?

分かりません。
自分なんかは、友達でのイメージでははしゃいでテンションの高い若干精神年齢が幼い子って見られています。
ですが、元英会話の先生やテニスのコーチなどから見たら優しくて落ち着いていて結構精神年齢の高い高校生というイメージがあるようです。

この二つは両方とも“自分”なんでしょうけど……大人になるということは前者の“精神年齢の幼い自分”を消さなきゃいけないのでしょうか?
そう思うと何か違う気もするのですが。

よく、「もうちょい、大人になりなよ」とか「まだまだ、ガキだね」とかいう台詞がありますけど……多分、「じゃぁ、大人って何なの?」とか聞かれたら答えられる人はどのぐらいいるのでしょうか?
少なくとも、先程言った通り自分は分からないので答えられません。

“大人”でも“子供”はいると思うんです。
でも、“子供”でも“大人”もいると思うんです。
それは、見た目でもなく様々なことについて色々な視野を持ち心のゆとりを持っている人かもしれないし……どんなことでも、幸せになれる人だったりするかもしれません。

うーん……やっぱ分からないなぁ……。
皆様の“大人”っていうのはどんなんなのでしょうか?

ではでは、追記にてコメ返しです。
...read more

新しいのできた!

今晩は!
新しい小説が1話だけですけど書けました!
しかし、題名が中々決められないんですけど…どうしましょう?
うーん、じゃぁ、募集しちゃいましょうかね。
てことで、コメントしてくれるかた月影さんしかいないので月影さん…勝手に申し訳ないのですが…第1話を読んでのイメージでもしいいの浮かんだら…題名お願いします……!
自分では、書けないのですよー…!(泣)
うん、じゃぁ、始まりです。


第1話相棒同士のぶつかり合い

眠い。
今は、理科総合の時間だ。
威張って言えることではないけど、俺は暗記科目が大の苦手だ。
だけど、まぁ、来週からテストになるので寝るわけにもいかないし……どうしようか……。
はぁ……。

と、そんなことを考えてたら、隣の席のやつが話しかけてきた。
「ねぇ、矢荏螺(やえら)?」
「何だ?」
俺の名前は簗方矢荏螺(やながたやえら)そして、こいつは俺の幼馴染というか天敵というかそんな感じのやつだ。
名前は白瀧弓奈(しらたきゆみな)。
「ちゅうしていい?」
……は?ナニヲ、イッテンノコイツハ……?
「……は? ナニヲ、イッテンノオマエハ……?」
「いやー、あまりにも眠いからさぁ、矢荏螺とちゅうして目を覚まそうかなぁなんて♪」
「うん、そっか。まぁ、理由は分かった。確かに俺も眠いさ。だが、何故そこでそうなるんだお前は……! もうちょっとまともな意見言えよ!」
「ふっふっふー、私にまともな意見を求めても無駄なのだよ!」
「いやいやいや!威張って言うなよ、そんなこと!」
「だって、私、矢荏螺のこと大好きだもん!」
 
何故か、こいつは俺によく甘えてくる。まぁ、冗談でやってきてるとは思うんだけど……。しかし、こいつ童顔で猫のような感じでクラスで多分一、二を争うくらい可愛いのだ。
それで、ウチのクラスの男子共が黙っているほど穏やかな奴等ではない。

みんな、寝てたり、俺たちみたいに駄弁っていたはずなのに一気にテメェ、なに弓奈ちゃんといちゃついてんだよ的視線が来て半端ではない。しかも、弓奈は女子からもマスコット的な意味で人気があるのでアンタ弓奈を独り占めしてんじゃないわよ! なんて視線もあるのでもういついかなる時も休まるときがないのだ。

いや、てか女子共。マスコットなら自分のが全員持ってるだろ! とツッコミたくなるのだけどそれはそれこれはこれなんだろうなぁ。

そうそう、俺たちは全員生まれた時から一緒の相棒がいる。
幼馴染とかそういうのではなくて、ちゃんとペットみたいな相棒がいるのだ。
その相棒というのはどういう仕組みか分からないのだが、俺たちと一緒に生まれてくる動物である。
しかも、何らかの具現化能力を有しているのだ。
例えば、俺のは少し珍しい動物なんだがフェレットだ。名前はラオ。
こいつは、サバイバルナイフ、小型二丁拳銃、ブーメラン、トンファに具現化できる。
因みに、具現化できる数はその動物の能力値の優劣によって違う。
最低数で二つ。
最高数で四つ。
何故、こういうことになれるのかは未だに謎だ。
だが、全世界の人類みな持っているのであちこちで大会がある。
地方でルールは多少違うが自分の相棒が疲れきって具現化能力が解けたら負けというのが共通ルールだ。
そして、教育機関提供の大会などもあるので週に四時間、自分の相棒の武器によって種類が分けられそこで同じ武器同士などで模擬対戦等をし、戦術などを勉強する。

そして、動物の体力は自分の体力に比例し自分が疲れて限界を過ぎたら具現化能力が解けてしまう。
その他の場合では武器などを弾かれて自分の手元から離れてしまった場合にも動物の体力が失ってしまう。

とまぁ、そんな感じで女子共も自分のマスコットいる筈なんだけどなぁ。

キーンコーンカーンコーン。

おっと授業が終わった。
次の授業は丁度、模擬対戦授業だった。
「あ、そういえば矢荏螺?」
「何だ?」
「今日の次の模擬対戦、私たち対戦だよね?」
「あれ、そだっけ?」
「もう、忘れたの? 失敬な。今日は、負けないかんなー!」
「よし、じゃぁ俺も頑張らにゃぁな」
てことで、この後弓奈と対戦らしい……。
こいつ意外と強いんだよなぁ……。まぁ、あんま負けたことないけど……油断は禁物ってことで、準備運動でもしとこっかな……と。



はてさて、どうでしょうか?
これの続きは近いうちには載せたいと思いますが…書けるかどうか…。
うん、待たせてしまったらごめんなさい…。

ではでは、追記にてコメ返しです。
...read more

リクエスト

今晩は。

さて、うん、月影さんが話題をくれたのでそれについて考えてみようかなってね。
では、衣兎さんの考察始まり始まりー!

※今回の話題とはもしタイムマシンがあったとして過去に行けるなら過去は一つだけ(単一型)なのか様々な時系列があり複数ある(複数型)のかという意見。

で、まぁ過去に行けたらという話ですが、自分個人の意見としては、単一型ですね。
その理由はですね、例えば、よくアニメとかで過去に行って色々いじくったら未来が変わってしまったなんてあるけど…自分は何ていうんだろう…?自分は過去、現在、未来は全部1本線で繋がっていてそれは過去に行って何かをいじくるとしてもそれは現在の自分にとったら“いじくられたあとの世界にいる”という考えなのですよ。
えと、だから…もうちょい例え話をするなら、ここに“綾瀬衣兎”という一人の人間がいてその“綾瀬衣兎”の人生は生まれた瞬間から死ぬ瞬間までループされていると考えてるわけです。

だから、過去起こった影響は現在には全てあり例えタイムマシンなとで過去をいじくりに行ったとしてもそれは既に“過去の過去で起こった出来事”でありいくらいじくったとしても、自分の世界は一直線に結ばれているから、過去は一つしかないって考えになります。

だから、自分が過去にAさんと出会っていま友達状態であるとするといまどっかの時系列では自分とそのAさんが出会っている場面があるってことですね。
そういう、意味では未来に行けたとしてもやはり自分の考えは未来も単一型です。

さて、これで終わりなんですが、何か説明下手ですね…すいません…。

ではでは、追記にてコメ返し。
...read more

ネタない…

今晩は。

うん、昨日は完全に寝オチだよね…ごめんなさい…。

でも…ネタがない…。
どうしよう…?だって、最近の自分は起きて遊んで勉強してって感じなので…書くことがないんですよ…!

あ、そだ!今度の試験は英語、数学、国語なんですが…数学わけ分かんねぇー!!!

…………。
………………。

だから、ネタがないんですってばぁ!

むぅ…こうなったら、秘技:パクリを使うしかあるまい!

てことで…すいません…月影さん…少しというか大幅にパクらせていただきます…!

えー、てことで何か自分に語ってほしいとか、何か書いてほしいことがありましたら是非ご希望ください。

いや、まぁ…これ、見てる方少ないので全然希望がないってことは予想できてしまうのですが、それでも何かある方はコメント欄に是非是非どうぞ。

そして、月影さん…ホントにパクってしまってごめんなさい!

ではでは、追記にてコメ返し。
...read more

楽しそう

今晩は。

はてさて、先程、今日発売の「生徒会の水際」を読み終わったところなのですが…いや、何?あの学校!何かもう何なんですか!(←とりあえず落ち着け)
今回は新キャラがたくさん出てきたのですが…もーちょいまともなキャラを出してもよいんじゃないかと。
まぁ、面白いから全然気にしませんが!(笑)

いやー、しかし水無瀬さん(新キャラ)いいです!
もう…蕩れー!ですよ!
あのボケ(?)とか大好きです!!

あ、勘違いしないでくださいよ?自分Mじゃないんで(笑)

あの、水無瀬さんと杉崎の軽快な言葉の応酬!
自分、多分この二人の絡みが今までの中で一番好きかもしんないです。

あと、もう一つ言わせてください…。

千弦さんかわぇぇー!!!!
可愛すぐる…!
もう、読んでて自分ニヤけっぱなっしでしたからね!

…はい、ごめんなさい、通報だけはしないでください…お願いします…!

ご、ごほん!
うん、とりあえず生徒会シリーズは学校などで読んではいけないと改めて思いましたね…苦笑

とりあえず、次回は6月に出るらしいので楽しみにしながら待ってます。
その前に受験勉強しなきゃ。

ではでは、追記にてコメ返し。
...read more

影響

今晩は。

最近、よく「若い連中はこれだから」など結構耳にしますが、どうなんでしょう?
その若い連中を育ててるのはあなたたちですよとか言いたくなってしまうのですが…。

その人たちは「子は親の背中を見て育つ」なんて言葉を知らないのでしょうか。

あ、でも自分の経験上って言うか…今まで生きてきた中で感じるのは過保護過ぎる家又はその逆ver.で育った子は案外まともに育ってないような気がします…。
偏見かもしれませんが…。

でも、一番見ててイラつくのは子供にストレスなどをぶつける親とかですね。
自分のことはしっかりと自分で処理してほしいです。

なんて、まぁ…時々物に当たる自分が言えるようなことではないかもしれませんが…苦笑

はてさて、話変わりまして。

えっと、自分結構、親切心で街中とかで色々と譲ったりすることが多いのですが…(偽善者だね)たまに、感謝しようぜ!なんて思ってしまう時があります。
いえ、別に感謝されたくてしてる訳ではないのですが…何か平気な顔でそれが当たり前みたいな感じな人を見るとムっとしちゃうんですよねぇ…。
そういう人たちがいるから挨拶とかちゃんと出来ない人が増えてっちゃうんじゃないでしょうか…?

あれ…?何か偉そうに説教しちゃってる…?ごめんなさい…!
さて、そろそろネタも尽きてきてしまったので寝ます。

追記にてコメ返し。
...read more

たくさんあるのとないのと

今晩は。

はてさて、唐突なのですが好きなことが沢山ある人は羨ましいなぁと常日頃から思ってる衣兎さんです。
何なんでしょう…?
何か、そんな人って充実してるような感じのイメージがあるんですよね。
あるいは、好きなことが特技になっていたりとかさ…いいじゃないですか…。
自分、テニス大好きなんですが、その世界では普通ぐらいで特技とかって到底言えないものでして…ラノベやアニメは…特技っていうか、それ以前に技とかじゃないですもんね…。

だから、やりたいこともなく…進路とかも考えるのがね…。

何かないかなぁ…とか考えるのですが…途中で何にもないと感じて虚しくなります…。

いや、まぁ、でもさっき話題に出たテニスは何もやってない人よりは出来るのですが(当たり前)でもそれって、何かサッカーや野球に比べると不公平な感じがしちゃうんですよね…。

そういう、メジャーなスポーツとかって通常の体育とかで授業の一環としてやり…それなりに、やはり野球部やサッカー部は有利になっちゃうじゃないですか…。
文化部もまたしかりで美術部とかもさ…。

授業のためにやってる訳では勿論ないのですがそれでもやりきれない感は拭いきれませんよね…苦笑

あ、でも、最近やりたいって言うか…興味が出てきたものはあります。
何か、心理学を結構学びたいなーって思ってまして…とりあえず、今度そんな本とかを買ってこようかなぁなんて(笑)

昔から、心理テストとか好きでしたからね。
大学にもそういう学部はあるし…当面の目標は新しい高校にちゃんと無事に入り卒業することですね。

あ、でも、どうなんでしょう?
自分、基本文系なんですが心理学って理系になっちゃうのかな?
まぁ、そこら辺は調べてみようかな。

何か、色々話が逸れちゃいましたね…苦笑

まぁ、でもとりあえず、新しくやってみたいことが出来たのでよしとしようかな!

ではでは、追記にてコメ返し。
...read more

受験勉強

今晩は。

ごめんなさい…いや、また放置しちゃいました…!
特に月影さん…コメ返しをもの凄く引き延ばしてしまってすいません…!
今日は、追記で必ずしますので!

はてさて、いまもの凄く受験モードですよね。
自分の去年は私学単願だったのでこの時期は終わってましたが…いま自分受験勉強してます…。
いやですね、転校するにはするんですけど…それにも試験があるわけで。
いま、もう学校に行かずに家にいるので毎日勉強してるんですが、大学受験してる方もこんな感じなのかなと。
全然、違うのは知ってますけど…何となく家で勉強するのはこんな感じかとね…苦笑

てか、最近思い始めたのですが…自分ダメ人間なんですかね?
いや…うん、ダメ人間ですよね…。
自分で、決めて入った高校なのに、継続もせずに途中でやめちゃって、親にも迷惑かけて…。
特技も何も誇れるのは無くて…はぁ…。
自己嫌悪が激しいです…。

むぅ…何とかテンションあげないと…。
てことで、追記にコメ返しです。
...read more

晩御飯

今晩は。

最近、毎日晩御飯を作っています。
そこで、最近問題になってることが一つありまして…自分、レパートリーが少ない為、毎回同じようなおかずばかり作ってしまってですねー…毎日毎日何を作ろうか悩むんですよ…。

いやですね?料理本とかを見ればいいのでしょうけど、見ながらやると、時間がかかってしまうじゃないですか…?
だから、もうホントどーしたもんかねと…。

しかも、しかも、ウチの母親が中学の家庭科の先生でして…料理とかもいっぱい知ってるから…やりづらいというか、何というか…。
とりあえず、今週は乗り切ったので来週からが問題なのです…。

いやはや…困りました…。
一人暮らしの自炊してる方々はどうやって料理とか覚えてるのでしょうか…?
やっぱ、料理本かなぁ…?
嫌だなー…めんど…いや、何でもないですよ?
めんどくさいなんてちっとも思ってませんとも、はい!

と、冗談はこのぐらいにしておいて…うーむ…。
まぁ、いいや…とりあえず最近放置しまくってしまったので訪問者様は少ないと思いますが、見てる方で何かいい方法があったら教えてください!

ではでは、失礼します。

※すいません…これ携帯からの更新なので…月影さんのコメ返しは明日パソコンでまた記事を書くのでその時にさせていただきます…。
すいません…!

正論と気持ち

今晩は。

はてさて、正論ほど鬱陶しく感じるものがない今日この頃なんですが、皆様はどうなんでしょう?
正論ってやっぱ嫌じゃないですか?
それが、自分が理解してることなら尚更。

自分、最近不登校になって思うのは、やはり、先生や親の言うことがウザいってことですかね…(-"-;)
そんなこと言われなくても分かってる!ってことを言ってきたり。
そんな、葛藤があってそれでも行けなくなっちゃったりしてるんだから。

いやですね、心配して言ってくれてるのは充分分かってますよ?
でも、親とか先生―特に親ですかね?
一緒に長く暮らしてるからか、何でもかんでも分かったようなことを言って挙げ句の果てには勝手に子供がどう思ってるか決めつけるんですよね…。

よく、親や先生が「人の気持ちになって考えよう」とか言うじゃないですか?
それって、この世で一番愚かで難しいことなんじゃないかなって思ってみたり。

だって、それ、自分達が出来てないじゃん!て感じちゃうんですよね。
人の気持ちを考える=期待なんじゃないでしょうか?
いや、確信のある人の気持ち…例えば、怒らせちゃうようなことをしてしまったら、怒ってるだろうなぁってもの以外は全部、期待だと思います。

してほしいこと、或いは思っていて欲しいことみたいなね。

「頑張れ」なんて言ってもその人がもし限界まで頑張ってたら一気にやる気なくなっちゃうでしょ?
少なくとも自分はそうです。
でも、不登校の子や一生懸命やってることがあっても上達しない人とかにそんなこと言う人は絶対、「気持ち」を考えてない人です。

そうなってくると「正論」もそうですよね。
一気にやる気がなくなってくる…。

やはり、「気持ち」なんてのは「想像」じゃなくて「創造」しか出来なくて、「正論」なんて言うのは、「正論」を考えられないような情緒不安定な人達に対する「暴力」なんじゃないかなって、自分は最近思いました。



プロフィール

綾瀬 衣兎

Author:綾瀬 衣兎
綾瀬 衣兎と申します。
ここでは、衣兎が好きなアニメやアニソンラノベについて毎日書いているところです。
気が合いそうな方やそれ分かる!って言う方などがいらっしゃいましたら是非是非声を掛けて下さい!


FC2カウンター


フリーエリア


最新記事


ランダム妖怪辞典


最新コメント


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


フリーエリア

バンブーブレード第二期アニメ化の投票に参加おねがいします!


リンク

このブログをリンクに追加する


月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。